札幌商工会議所付属専門学校

卒業生の声

OB・OG Voice卒業生の声

卒業生の声

  • 身につけた専門的な知識や資格は
    社会に出てからきっと役立ちます。

    エア・ウォーター・テクノサプライ(株)

    管理部長髙橋 正俊さん

    1995年3月 卒業

    専門的な知識を学んでおくと、社会に出てから役立つ機会がきっとあります。実は私も入社時は事務系の担当ではなかったのですが、管理部門でやってみないかと声がかかりました。それは、CAで日商簿記の資格を取得していたから。現在は、当社はもちろん関係会社を含めて総務や経理、税務などの管理部門を広く担当し、社員が気持ちよく働ける環境を整えようと業務にあたっています。CAは歴史と実績のある学校ですから、諸先輩の足跡をたどったり、経験を聞いたりすることもできます。私が会計監事を務めている校友会も、そんな機会になっています。充実した2年間を過ごし、自分を客観視できる姿勢を身につけて社会に旅立ってくれることを願っています

  • お客さまとの出会いを大切に
    一人ひとりに合わせた対応を。

    (株)第一寶亭留

    チーフ種田 あいさん

    2014年3月 卒業

    入社時はフロント業務を担当し、現在は当グループの予約センターでお客さまからの電話やインターネットでの受け付け、お問い合わせなどに対応しています。お客さまから聞かれることは決まっていませんので、幅広い知識や情報が必要ですし、それぞれのお客さまが求めているものをできるだけくみ取って対応するよう意識しています。スタッフの指導など、責任ある仕事を任せてもらうことも多くなってきたので、自分で判断し、解決できることを増やしていきたいと思っています。仕事の幅が広がるにつれて、接客マナーをはじめ簿記や電卓などCA在学中に身につけた基礎が役立っていると実感しています。

  • 働きやすい環境が整った中で
    CAの卒業生たちが活躍中!

    北海道火災共済協同組合

    阿部 夏美さん(写真左)

    2015年3月 卒業

    上野 瞳さん(写真中央)

    2021年3月 卒業

    佐藤 真帆さん(写真右)

    2020年3月 卒業

    事務職に就くことを目標にして、CAでは簿記を中心にさまざまな資格取得を目指して勉強に取り組みました。現在の職場を志望したのは、CAで身につけた資格や知識を活かすことが出来ると思ったからです。また、事業内容が社会の役に立てること、これから自分が働いていくうえで大切な待遇面が恵まれていることも大きな魅力でした。実際に仕事を始めてみると、上司や先輩方をはじめとした職場の人間関係がとても良好で、非常に働きやすい環境が整っていると感じました。また、担当業務や先輩・後輩の違いはあっても、同じCAの卒業生が職場にいることで、悩みも相談しやすく安心して仕事に励むことができています。

  • CAで学んだことが人生の転機になり
    今の私があると思っています。

    玉木 祥夫さん

    むらずみ経営グループ

    代表取締役会長 税理士玉木 祥夫さん

    昭和57年3月 北海道簿記専門学校(現・CA)卒業

    当社は中小企業の経営者から悩みを聞き、専門サービスを提供するとともに精神的な支えとなって、お役に立つことを目指しています。CAの卒業生も勤務していますが、粘り強く仕事をするタイプばかりです。私の在学中から、学生のためを思って指導してくれる先生が多く、それがなければ税理士としての今はなかったと思います。
    現在、校友会会長を引き受けているのは、その恩返しの気持ちから。
    歴史あるCAで、情熱を持った素晴らしい先生たちのもとで学び、生涯役立つ資格を手にすることによって、将来の可能性が広がるはずです。

  • 地域全体の魅力を高め、発信する
    役割も意識した「美食の宿」に。

    いわない温泉 高島旅館

    経営髙島 将人さん(左) 朱音さん(右)

    平成23年3月 北海道観光学科 卒業

    僕は、この宿の四代目。いずれは継ぐことを意識しつつ、いろいろな仕事を経験した上で、商工会議所が運営する観光の学科ならレベルの高い学びができると考え、1期生として入学しました。そこで知り合った妻とともに取り組んでいるのが、「食」をメインにした宿づくり。宿は文化を伝える場所でもあるので、岩内町全体の魅力を高め、どう発信していくかにも力を注いでいます。CAで身につけた知識や卒業後に道 外の温泉地で修業した経験など、すべてを今に生かしています。

    髙島 将人さん(左) 朱音さん(右)
  • 経理の専門知識が基盤となって
    営業や経営面に力を発揮できています。

    太田 康裕さん

    ザ・ノースカントリーゴルフクラブ

    代表取締役社長 総支配人太田 康裕さん

    昭和62年3月 北海道簿記専門学校(現・CA)卒業

    在学中に取得した資格がカギになって、初めは経理業務を担当。その後は営業やマネジメントに関わるようになりましたが、経理の知識をもとに”数字”を読み解いて営業戦略や投資計画などを立てることができました。経験を重ねるにつれ、身につけた専門知識を発揮できる場が増え、仕事の基盤になっていることを実感します。皆さんには、目標を早めに持ち、自分がどこまでできるのか精いっぱい何かに取り組む2年間を過ごしてほしい。それが、卒業後の活躍につながります。

  • 「税理士」という選択肢を持てたのは
    CAでの基盤があったから。

    山本 正幸さん

    税理士法人 明正会計

    代表税理士山本 正幸さん

    1999年3月 卒業

    卒業後は就職し、一般事務や営業職を経験しましたが、自分自身に力をつけて仕事をしていこうと20代後半で決意。税理士事務所に転職して勤めながら準備をし、34歳で税理士資格を取得しました。在学中に日商簿記2級を取得していましたが、当時は就職活動に役立つかなぐらいの感覚。でもそれが結果として、将来の道に迷った時の方向性として「税理士」を選択肢にすることにつながりました。手に職があると、役立つ場面がきっとある。皆さんも限界を決めず、こうしたい、こうなりたいということに全力で突き進んでほしいと思います。

  • CAで得られた知識や人とのつながりが
    仕事に活きていると実感。

    株式会社AOKI

    札幌清田新店店長佐藤 学さん

    2009年3月 卒業

    高校でも簿記を学んでいたため、もっと極めようと入学。店長としてマネジメントする立場になったからこそ、学んだことが活きているとつくづく感じる機会が増えています。在学中から教職員の方々に親身に接していただき、それは今も続いています。札幌商工会議所のネットワークを仕事に活用できることも多く、人とのつながりを含めてCAで学んだかいがありました。人材採用では、第一印象が大事な職業なので、この人に接客されたいかを重視しています。そうした人としてのプラスアルファの部分も、CAならきっと身につけられます。

    佐藤 学さん
  • 観光の力で地元・函館を
    活性化させるために頑張っていきます。

    大谷 愛さん

    函館商工会議所

    地域振興課大谷 愛さん

    2017年3月 卒業

    在学中に仲間と観光プランづくりのコンテストに参加し、最優秀賞として観光協会や旅行会社などの方と関わりを持つ機会をいただきました。その中で、もっと勉強しなければという思いが強まり、卒業後に横浜商科大学商学部観光マネジメント学科3年次に編入。観光の力で地域を活性化させたいという目標が、さらに明確になりました。生まれ育った函館に帰りたいという気持ちもあり、卒業後も交流を続けているCAの恩師にここを紹介していただき、思いを伝えてUターン就職。自分で考え、動き、地域に貢献できるようになりたいです。

OPEN CAMPUS

PICK UP

  • 企業講話
  • ともだち追加はこちら!
  • OPEN CAMPUS
  • 社会人講座
資料請求