札幌商工会議所付属専門学校

お知らせ

Informationお知らせ

2018年7月27日

企業講話 (株)セコマ マーケティング企画部 部長 佐々木 威知

line

イベント

本日は「Secomaの戦略」をテーマに、株式会社セコマの佐々木威知マーケティング

企画部長にご講話いただきました。

 

定価販売が当たり前のコンビニ業界にあって、セコマが安いと思わせる理由は何でしょうか。

それは「安いものを安く売る」のではなく「仕組みで安く売る」を実践しているからなんです。

例えば、年間3,000万個を販売する100円惣菜シリーズは、トレーを自社製に変えることで

1個当たりの包装代を5分の1までコストダウンすることに成功しました。

大人気のメロンソフトも、店頭には並ばない規格外品のメロンを安く仕入れて、原料として使っています。

 

安さの裏には、こういった企業努力や創意工夫があるわけですが

対価以上の品質を感じさせてくれるのもセコマならではでしょう。

北海道にセコマがあって本当に良かったですね。

 

           

 

 

タグ一覧

    関連記事